大腸カメラ検査に関する食事

大腸カメラ検査に伴う食事について

大腸カメラ検査の前の食事は「消化しやすいもの」とされていますが、具体的なイメージがわからず迷ってしまうこともあると思います。また、消化がよさそうに感じても実際には腸内に残りやすい食品、うっかり見逃して食べてしまう食品もあります。
大腸カメラ検査では、肛門から内視鏡スコープを挿入して大腸粘膜全域をすみずみまで観察していきます。腸に未消化のものが残っていると検査に時間がかかり、患者様の心身への負担も大きくなります。また、どうしても観察できない部分が出てしまうなど、精度の高い検査ができなくなる可能性もあります。
そこで、ここでは、大腸カメラ検査前に食べていいもの、食べてはいけないものを明確にわけてご紹介しています。
献立を考えるのが面倒な方や自炊しない方は、検査前日用の食事セット(3食1セット、別途料金)もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。また、コンビニ食の提案もしておりますのでご参考にしてください。

検査前の食事について

消化にいいものとは

消化にいいものは、胃内滞留時間が短い、胃に留まる時間が短いものです。
栄養素では、糖質が最も胃内滞留時間が短く、次がたんぱく質、脂質は胃内滞留時間が長いとされています。
そのため、脂質の多い肉類や揚げ物は検査数日前から接種を控えてください。
また、調理法では、細かく刻んだもの、やわらかく煮たものは消化しやすくなります。
白粥・やわらかく煮た素うどんは、糖質であり消化しやすい調理がされているので、前日の夕食にも向いています。
ただし、白粥や素うどんでも薬味や具、漬物や佃煮などの箸休めは消化しにくいため、うっかり食べないよう注意が必要です。
粒などの入っていないゼリー飲料も消化しやすく手軽な食品です。

食物繊維・種を含むものは食べない

ダイエットや健康に役立つ食物繊維は、大腸カメラ検査前にはできるだけ食べない方がいい食品の代表です。食物繊維は消化されないことで便の量を増やし、それが健康やダイエットに役立つのですが、大腸カメラ検査では消化されないものが残ると精度の高い検査ができなくなってしまいます。
そのため、消化のいい糖質でも、そば、玄米、胚芽パンなど食物繊維を多く含むものは検査前日には摂取しないようにしてください。

食物繊維の多い代表的な食品

  • 豆類(納豆も含みます)
  • 野菜
  • 海藻
  • きのこ類
  • ゴマなどの種子・ナッツ
  • こんにゃく
  • トマト・キウイなど種や粒、薄皮のあるもの

など

脂肪分の多いものは食べない

脂質は胃内滞留時間が長く、消化に時間がかかるため、前日に肉や魚を食べる場合には、下記の点に注意してください。

  • 肉は脂肪の多い部位やソーセージ・ベーコンなどの加工肉を避けてください。
  • 鶏の皮なし胸肉はお勧めできます。
  • 魚は淡白な白身魚にしてください。
  • 調理法は、蒸す・煮るなど油脂を使わずやわらかく仕上がる料理が適しています。

食べ過ぎない

消化しやすく、食物繊維や脂質が少ない場合でも、量が多ければ消化に時間がかかり、腸内に残りやすくなります。通常より心持ち軽く食べるようにして、食べ過ぎないよう注意してください。

検査前日に食べて良いもの

※この表は横にスクロールできます。

  食べて良いもの
ご飯類

白米、おかゆ

パン類 食パン、ロールパン、蒸しパン、サンドイッチ(卵、ツナ)
麺類 うどん、そうめん
肉類

鶏ささみ、鶏むね・もも(皮を除く)、豚ヒレ・もも、牛ヒレ・もも

魚介類 白身魚(タイ、タラ、カレイ)、すり身(はんぺん、かまぼこ、ちくわ)
卵類 茶わん蒸し、卵とじ、卵豆腐
野菜 果物類:しゃがいも、長芋、バナナ、りんご(皮なし)
大豆製品 豆腐、高野豆腐、みそ汁(具は豆腐のみ)
その他 カステラ、プリン、ボーロ、ウエハース、ゼリー、チョコレート、飴

特に夕食は、白粥、素うどん、豆腐などを食べてください。

検査前日に食べてはいけないもの

※この表は横にスクロールできます。

  食べてはいけないもの
ご飯類 玄米、雑穀米
パン類 胚芽米・全粒粉・ブラン・ライ麦のパン、野菜サンドイッチ、
脂質の多いパン(あんパン、クロワッサン、ピザ)
麺類 そば、ラーメン
肉類 鶏手羽、鶏皮、豚バラ・ロース、牛バラ・ロース・サーロイン、ベーコン、ソーセージ
魚介類 青魚(サバ、アジ、サンマ、イワシ)、うなぎ、タコ、イカ、エビ、カニ、貝類、魚卵、干物
野菜・果物類 野菜全般(特に葉物、根菜、種のある野菜)、スイカ、いちご、メロン、キウイ
大豆製品 納豆、枝豆
その他 きのこ全般、海藻類(わかめ、めかぶ、海苔、昆布)、薬味類(ねぎ、しょうがごま)、
こんにゃく、ナッツ、揚げ物、乾物、ふりかけ、スナック菓子、ケーキ、ジャム、
乳製品(バター、チーズ)

検査前日の食事をコンビニ食で

※この表は横にスクロールできます。

  お勧めのコンビニ食
ご飯類
  • パックごはん(白米) 
    ★玄米や雑穀米は不可 
  • レトルトおかゆ(白がゆ、卵粥がゆ、鮭がゆなど)
  • おにぎり(塩、シーチキン、鮭など) 
    ★海苔が別のものを選び、海苔は必ず外してください
麺類
  • うどん(素うどん、月見うどんなど) 
    ★ねぎや薬味は不可
  • そうめん 
    ★ねぎや薬味は不可
パン類
  • 食パン、ロールパン、蒸しパン 
    ★雑穀・ブラン・ライ麦は不可
  • サンドイッチ(卵、ツナなど) 
    ★レタス・きゅうり・トマトなどの野菜は不可
肉・魚類
  • サラダチキン 
    ★プレーン味のみ可
  • 焼き魚 
    ★皮は不可
  • ちくわ・かまぼこ
その他
  • 豆腐 
    ★ねぎや薬味は不可
  • 卵料理
健康補助食品
  • 栄養補助スナック(カロリーメート、プロテインバーなど) 
    ★ナッツやドライフルーツは不可
  • ゼリー飲料(ウィダーインゼリーなど) 
    ★こんにゃくゼリーは不可
お菓子 カステラ、プリン、ボーロ、ウエハース、ゼリー、チョコレート、飴

検査前日の飲み物

※この表は横にスクロールできます。

  代表的な飲み物
飲んで良いもの
  • お茶

  • コーヒー、紅茶 
    ★砂糖は可、ミルク・レモンは不可

  • ジュース 
    ★果肉入りや野菜ジュースは不可

飲んではいけないもの
  • 果肉入りジュース、野菜ジュース、スムージー
  • 青汁
  • 乳製品飲料(牛乳、ヨーグルト)
  • アルコール

検査前日20時以降は、水やお茶など、透明なものを飲むようにしてください。

検査後の食事について

ポリープ切除をされていない方は、検査前の食事ほどこだわる必要はありませんが、お腹に優しいものを食べてください。
ポリープ切除をされた方は、当日は、白粥・素うどん・豆腐・ゼリー・プリン・ヨーグルトなど、消化しやすいものを食べ、翌日に腹痛や出血がないことを確認したら消化の良いものから1週間程度かけて少しずつ普通の食事に戻していってください。唐辛子などの香辛料や刺激の強いもの、アルコールは検査後1週間程度控えてください。

大腸ポリープ
切除後の注意

お問い合わせ

24時間WEB予約

24時間WEB予約

診察・検査のご予約は24時間WEBでおとりできます。
お電話の予約は診療時間内におかけください。

WEB予約

TEL:045-744-7149

LINE予約

LINE予約

予約・キャンセル・予約確認もLINEで完結できます。メールアドレスの登録・ログインも不要です。

LINE予約

LINE友だち追加

WEB問診

事前WEB問診

事前WEB問診を行っていただくことでスムーズな診療につながります。ぜひご利用ください。

WEB問診

TOPへ