胸焼け

胸焼けについて

胸の中央付近で、焼けるような熱感をともなう不快感が生じている状態で、主に食道や胃の疾患によって起こります。食道や胃の粘膜は炎症が長期間続くとがん化しやすい傾向があります。胸焼けが続く場合にはお気軽にご相談ください。また、胃がんは進行するまで自覚症状に乏しく、進行しても胸焼け程度の症状しか起こさないこともあります。慢性的な胸焼けがある場合には、お早めに当院までご相談ください。

早めに受診しないと重症化する可能性がある胸焼け

  • げっぷ、喉の違和感、咳などの症状をともなう
  • 胸焼けを胸全体で感じる
  • 就寝中に胸焼けの不快感で目覚めてしまう

など

胸やけの原因

食べ過ぎ・飲み過ぎ

食べ過ぎや飲み過ぎは胃に大きな負担となり、胸焼けをはじめ様々な症状の原因となります。また、食事してすぐに横になると胸焼けを起こすことがあります。こうした原因で胸やけを起こすことが多い場合には、消化の良いものを腹八分目に食べ、消化管を休ませてあげましょう。

刺激物や脂肪の多いもののとり過ぎ

刺激の強い香辛料や消化に時間がかかる脂肪・たんぱく質を多く含む食事は、胸焼けや胃もたれの原因になります。偏りのある食事を避けて、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。また、唐辛子やカフェインなどのとり過ぎにも注意してください。

胸やけを引き起こしやすい食事

  • とんかつ
  • 天ぷら
  • 唐揚げなどの揚げ物
  • マヨネーズ・バターなどの高脂肪な食品
  • チョコレート
  • 柑橘類
  • 唐辛子など刺激の強い香辛料
  • コーヒー
  • アルコール
  • 炭酸飲料

など

胃の圧迫

妊娠や肥満、便秘などは、胃を圧迫して胸焼けの発症や悪化を起こすことがあります。肥満の場合は減量し、便秘は食物繊維や水分を多くとることで改善を図ってください。また、妊娠による圧迫で胸焼けがある場合は、少量ずつ分けて何度も食べるなど、工夫して必要な栄養をしっかりとれるようにしましょう。なお、食後すぐに就寝すると消化がうまく進まずに胸焼けや胃もたれなどを起こしやすくなります。就寝3時間前までに夕食を済ませるよう心がけてください。

タバコ

喫煙することで胃の入口になっている部分の筋力が低下し、胃もたれや喉の違和感などの症状を起こしやすくなります。痰や咳などの症状を起こすこともあります。胸焼けを生じる逆流性食道炎の発症リスクも高くなります。

ストレス

消化管の機能は自律神経がコントロールしているので、ストレスによって自律神経のバランスが崩れることで、胸焼けなどの症状を起こすこともあります。また、胃潰瘍の発症や悪化にストレスが関与することもあります。十分な睡眠や休息をとり、運動や趣味などで上手にストレスを発散しましょう。

胸焼けを起こす疾患

胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎

消化に時間がかかるたんぱく質が多い食事、早食いや過食、肥満、加齢などによって胃酸を含む胃の内容物が逆流し、食道粘膜に炎症を起こす逆流性食道炎は近年増加傾向にある疾患です。胸焼けやげっぷ、酸っぱいものや苦いものが上がってくる呑酸、つかえ感、咳などが代表的な症状です。症状があっても炎症病変が発見されない場合は、胃食道逆流症と診断されます。

逆流性食道炎

慢性胃炎

主にピロリ菌感染によって生じ、痛み止めの薬の副作用として生じることも多くなっています。また、ストレスも発症や悪化に関与します。胃の粘膜に炎症が繰り返し生じている状態で、胸焼けや胃痛、胃もたれ、吐き気、膨満感、げっぷなどの症状を起こします。進行して胃潰瘍や萎縮性胃炎を起こすこともあり、萎縮性胃炎は胃がん発症リスクが高い状態であり注意が必要です。

胃潰瘍

ピロリ菌感染、非ステロイド性消炎鎮痛剤やステロイド薬などの副作用、ストレスなどで胃粘膜がえぐれるように深く傷付いている状態です。軽度の場合は胸焼けや胃もたれを生じますが、進行するとみぞおち周辺のズキズキとした重苦しい痛みを食後に起こすことが多く、血管が傷付いて出血すると吐血や貧血、黒いタール便などを生じます。

胃潰瘍

十二指腸潰瘍

発症のメカニズムは胃潰瘍と同様です。症状も似ていますが、十二指腸潰瘍では空腹時に痛みを起こすことが多くなっています。

胸焼けの検査

胸焼けで疑われるのは、逆流性食道炎です。食道粘膜の状態は胃カメラ検査で詳細に調べられます。組織採取による確定診断も可能です。当院では鎮静剤を使ってウトウトした状態で楽に検査を受けられるようにしていますので、安心してご相談ください。

胃カメラ

胸焼けがありましたら当院までご相談ください

食べ過ぎなどでも一過性の胸焼けを起こすことがありますが、慢性的に続いたり繰り返したりする場合には疾患の症状として現れている可能性があります。深刻な疾患でも早期発見できれば治療で完治あるいは寛解できる可能性が高くなります。胸焼けが続くようでしたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

24時間WEB予約

24時間WEB予約

診察・検査のご予約は24時間WEBでおとりできます。
お電話の予約は診療時間内におかけください。

WEB予約

TEL:045-744-7149

LINE予約

LINE予約

予約・キャンセル・予約確認もLINEで完結できます。メールアドレスの登録・ログインも不要です。

LINE予約

LINE友だち追加

WEB問診

事前WEB問診

事前WEB問診を行っていただくことでスムーズな診療につながります。ぜひご利用ください。

WEB問診

TOPへ