胃もたれ

胃もたれについて

胃が重い、胃が張って苦しいなど、消化が進まず胃にたまった食べ物が不快感を起こしている状態です。吐き気なども胃もたれと感じるケースがあり、胃もたれを医師に伝える際には別の表現でも説明すると伝わりやすくなります。脂肪やたんぱく質の多いものを食べ過ぎて起こることも多く、日常的に起こりやすい症状ですが、疾患の症状として起こっていることもあります。

胃もたれの原因

日常生活によって生じる胃もたれの原因になるのは、主に暴飲暴食、ストレス、加齢です。

暴飲暴食

揚げ物や肉料理など、脂肪やたんぱく質の多い食事は消化に時間がかかり、食べ過ぎると胃もたれを生じやすくなります。他に、過食やアルコールの過剰摂取、不規則な時間に食事をする、就寝の直前に食事をするなども胃に負担をかけ、胃もたれにつながります。

ストレス

ストレスにより自律神経系のバランスが崩れると消化管の機能も低下し、胃液分泌の減少や内容物を先へ送る蠕動運動の低下によって胃もたれを起こしやすくなります。

加齢

加齢により消化機能が衰え、蠕動運動などに必要な筋力も低下します。加齢により、特に食べ過ぎなくても胃もたれなどを起こすことがあります。

消化器疾患

胃もたれは幅広い消化器疾患によっても生じやすい症状です。特に慢性的に続く場合には疾患の関与が疑われます。

胃もたれを起こす疾患

など

胃もたれで特に注意が必要なのは胃がんになります。しかし、胃がんは早期の自覚症状がほとんど現れず、進行しても軽い症状しか起こさないことがあり、定期的な胃カメラ検査により早期発見・早期治療につなげることが求められます。また、ピロリ菌に感染している場合、慢性胃炎から萎縮性胃炎に進行することがあります。萎縮性胃炎は胃がん発症のリスクが高い状態ですが、慢性胃炎や萎縮性胃炎も自覚症状に乏しいことが珍しくありません。
なお、ピロリ菌に感染している場合、除菌治療でピロリ菌の除去に成功できれば胃炎の再発率を大幅に下げることができ、胃がん発症のリスクを軽減できます。また、病変がなく症状が現れる機能性ディスペプシアなどの場合もあります。胃もたれでお悩みでしたら、まずは当院までお気軽にご相談ください。

胃もたれの検査

胃もたれは深刻な疾患の症状として現れる場合もあります。症状が続く場合には適切な検査を受けて原因を確かめることが重要です。日常的な不調と軽視してしまうと、疾患が進行して大変な治療が必要になってしまう可能性もあります。胃カメラ検査では、食道・胃・十二指腸といった上部消化管の粘膜を詳細に観察でき、検査中に組織を採取・回収できるため、病理検査を行って多くの疾患の確定診断に役立ちます。当院では、鎮静剤を用いて苦痛のない胃カメラ検査を行っております。安心してご相談ください。

胃カメラ

胃もたれがありましたら当院までご相談ください

当院では、消化器内科の専門的な研鑽を積んだ医師が診療を行っており、丁寧な問診と適切な検査を行って診断しています。消化器疾患だけでなく幅広い疾患を視野に入れて診療しており、専門医による質の高い胃カメラ検査・大腸カメラ検査、超音波(エコー)検査などを行っています。胃もたれをはじめとした気になる症状がある場合はご相談ください。

お問い合わせ

24時間WEB予約

24時間WEB予約

診察・検査のご予約は24時間WEBでおとりできます。
お電話の予約は診療時間内におかけください。

WEB予約

TEL:045-744-7149

LINE予約

LINE予約

予約・キャンセル・予約確認もLINEで完結できます。メールアドレスの登録・ログインも不要です。

LINE予約

LINE友だち追加

WEB問診

事前WEB問診

事前WEB問診を行っていただくことでスムーズな診療につながります。ぜひご利用ください。

WEB問診

TOPへ